大量のごみ

ゴミ屋敷化した部屋の整理を大阪の業者に片付けて貰えば気分も上昇

高齢者だけの暮らしの中で

ゴミ屋敷と呼ばれる家の中で高齢者の一人暮らしや、高齢者夫婦が多いことに気が付きます。もちろん、高齢者も様々で几帳面な世帯の場合は、物を最小限にとどめきちんとしています。しかし、一人暮らしの高齢者が軽い認知症にかかってしまった場合、または高齢者夫婦で几帳面に家事をこなしていた方が軽い認知症などになった場合、家の中が徐々に散らかり始めます。
元々、高齢者は「物を大切にする」という世代の人が多いため、頂き物やその包装紙、箱など大切にとっておいたり、若い時に着た服を大切にとっておく人が多いです。若い人のように使い捨て感覚ではないため、古い家電などを持っている人もたくさんいます。しかし、そのために古くて使わないものが、どんどん増えてしまい、さらに認知症などの症状が現れると、自分が持っているものや、買ったものを保管していた場所もわからず、「持っていない」「無い」と思い、また購入してしまいます。
時折、スーパーなどで大量の食材を買いこんだり、トイレットペーパーを購入している人がいますが、そのためです。そして、またものが増えて整理がつかず、ゴミ屋敷となってしまいます。子ども世帯が時々、訪れて片つける場合は良いのですが、それでも勝手に捨てる、処分するという行為をすると、怒ってしまう場合もあるため話合いをしてから捨てるようにしましょう。

注目コンテンツ

このページのトップへ